家庭教師のお仕事について

家庭教師で中学生を教える場合、どういった点に気をつけるとよいでしょうか?中学生を教える際に特に注意しておくべき3つの点

1)中学生を教える際に意識しておきたい点
中学生は、すでに小学校の勉強を積み重ねてきており、これから高校受験に挑もうというひとがほとんどです。ですから、小学校の授業内容と高校受験とを踏まえた上で教える必要があります。具体的には、「その生徒が現状で小学校の授業をどれだけ理解しているのか」ということと、「どのような進路を志望しているのか」ということを確認しておくということですね。

ここを意識しておかないと、たとえば数学を教えても四則演算の知識が不十分であるため身に付かない、といった非効率な結果になってしまいます。

2)生徒のメンタルにも配慮を
中学生ともなると思春期のさなかですから、成長に伴ってどうしても心や身体が揺れ動くことになります。家庭教師の立場からは勉学以外のことにはタッチしなくてもいいと思いがちですが、実はそうでもありません。心配ごとや悩みごとがあり、勉強に集中できない状態の生徒にいくら知識やテクニックを詰め込もうとしても、なかなか上手くいかないものです。

それどころか、生徒の反発すら招いてしまいかねません。そこで、生徒のメンタルにある程度気をつけ、体調や精神状態に応じて教え方を柔軟に変えていくのが効果的です。たとえば、いまいち気分が乗らない様子の時には軽めの問題を扱い、集中している様子の時には応用問題を扱うといった対応が求められるのですね。

3)学ばせたことの確認を怠らずに
家庭教師の利点とは、マンツーマンで教えられ、生徒の様子をじっくり観察できることにあります。中学生からは学ぶ内容も次第に高度になっていくので、学校の授業や学習塾の内容についていけない生徒も出てきます。家庭教師としては、常に「生徒がきちんと理解をしているか」ということの確認をしながら勉強を進めていくべきです。

復習用のミニテストや口頭での問い掛けなどを駆使して、現時点までに教えたことが定着しているかを把握しておくといいでしょう。これらの点に気を付ければ、教える効率というのはかなり上がります。もちろん、その生徒ごとに学習進度も様々ですから、各人に合わせた対応をするというのは大前提ですが、その上で注意しなければならないのがこれらの点なのです。

これから中学生を教えようという家庭教師の方々は、留意しておいてください。

関連記事

  1. 家庭教師のお仕事について

    家庭教師のデメリットについて考えてみよう!家庭教師のデメリットって何ですか?

    時給の高さが魅力的な家庭教師の仕事ですが実際はいい様に見えてデメリット…

  2. 指を差す家庭教師

    家庭教師のお仕事について

    家庭教師バイトのやりがいと向いている人は?家庭教師のやりがいと適正について

    家庭教師はこれから中学・高校・大学を受験される皆さんを手助けする大切な…

  3. 家庭教師のお仕事について

    家庭教師の雑談はどのような内容がいいか?家庭教師の雑談のテーマは何がいいか?

    ・高校生の目線で雑談をする高校生の目線で話を聞いてあげることは大切…

最近の記事

  1. 指を差す家庭教師
  1. 家庭教師のお仕事について

    家庭教師の雑談はどのような内容がいいか?家庭教師の雑談のテーマは何がいいか?
  2. 家庭教師のお仕事について

    家庭教師で中学生を教える場合、どういった点に気をつけるとよいでしょうか?中学生を…
  3. 家庭教師のお仕事について

    家庭教師のデメリットについて考えてみよう!家庭教師のデメリットって何ですか?
  4. 指を差す家庭教師

    家庭教師のお仕事について

    家庭教師バイトのやりがいと向いている人は?家庭教師のやりがいと適正について
PAGE TOP