音大に通っていませんが、ピアノの家庭教師のバイトってできるのですか?音大に通っていなくても、ピアノの家庭教師のバイトをする方法

よく、幼少期に習ってピアノが上手に弾けるようになっている人は、音大に通っていなくても、ちょっとしたバイトくらい稼げたらと願っている人もおられます。教える資格は、音大に通っていなければならないと感じる人もいますし、子供に習わせたいと考える親は、実際先生に尋ねる代表的な質問ですが、少し弾けるくらいに楽しみたいと思う人は、先生が音大を卒業している人はレッスンが厳しいので続かないと言って、音大出身の先生のレッスンを止めて、知り合いの人の中から先生を見つける人もいます。

気軽に習いたいと思っている人は、先生が音大に通っていなくても、生徒の能力や目標に応じて、優しく分かりやすく教えてくれる人を望んでいます。それで、分かりやすく教えることと、いくつかのポイントを押さえると、音大に通っていなくても、ピアノの家庭教師のバイトを行なえます。

①先生自体が、どれくらいの能力があるか、お手本となる代表曲を生徒に演奏してみせる。
教えてもらう人は、先生がどれぐらいの実力を持っているかをはじめに見せてあげると、自分も最高でそれくらい上達できるという目安にすることができます。手始めに、馴染みやすい先生にピアノを習い始めても、もし、上達してきて、もっと上を目指したいと思われるのでしたら、そこからでも音大に通っている先生に教えてもらうことを伝えてあげると、安心して上達を目指すことができます。

また、始めから自分のレベルを明らかにし、分かりやすく教えてくれる先生だと感じると、生徒の友達の中に気軽にピアノを始めたいと思っている人に、どんどん紹介してくれるようになります。

音大に通っていませんが、ピアノの家庭教師のバイトってできるのですか?音大に通っていなくても、ピアノの家庭教師のバイトをする方法

②その人のレベルに合わせて基礎をしっかり押さえることと、レベルに合った好きな曲を弾かせてあげる。
好きな曲は、少し難しくても、頑張る意欲につながります。大人になってから習いたいと感じる人の多くは、好きな曲が弾けるようになりたいという目的を持っておられます。子供でも、今は自分の好きな曲をはっきりとリクエストしてきますので、上手になるために指のテクニックを練習する必要がありますが、それと並行して、その人のレベルに合った、好きな曲を選んでいただき、楽しんで弾けるように教えると、自然と練習量が増えていき、好きな曲で練習させてくれる先生との関係も良好になり、他の曲もどんどん挑戦されます。

参考→東京都新宿区の家庭教師一覧|家庭教師のサクシード http://www.benkyo.co.jp/area/tokyo/shinjuku.html

一年に一回ほど、小規模でも定期発表会を開いて、お友達に聞いてもらう機会を作るのも、生徒さんにとっても日頃の成果を披露する機会になりますし、先生にとっても、集客のチャンスとなります。このような一見、地道に思える方法で、知り合いの中から、その人のレベルに合わせて、楽しめる仕方でピアノを教えていくなら、バイトの登録をしていなくても、徐々に、生徒を獲得していくことにつながります。

価格設定も、音大出身の人が1ケ月6,000円ぐらいの設定だとすると、半額くらいの設定にすると、ぐっとお得感が増します。今は、少子化ですが、高齢の人にも目を向けるなら、脳の体操やリハビリにもつながりますので、少し頑張ると成果が出て楽しいという印象を持っていただくようにすると、様々な年齢層の人を教える機会が広がります。

最近の記事

  1. 指を差す家庭教師
  1. 家庭教師のお仕事について

    家庭教師で中学生を教える場合、どういった点に気をつけるとよいでしょうか?中学生を…
  2. 指を差す家庭教師

    家庭教師のお仕事について

    家庭教師バイトのやりがいと向いている人は?家庭教師のやりがいと適正について
  3. 家庭教師のお仕事について

    家庭教師のデメリットについて考えてみよう!家庭教師のデメリットって何ですか?
  4. 家庭教師のお仕事について

    家庭教師の雑談はどのような内容がいいか?家庭教師の雑談のテーマは何がいいか?
PAGE TOP